最近よく変わらないツールを色々つくってますが今回もそんなのです

色を普段16進数で扱っていて、ふと 文字3つの文字コードで表せる!と思って
文字入力してそれから色を表示するツールでもつくってみよう ということでできたものです

実際「どこで活用できるんだ」 と思います
JavaScript使ってdivと背景色だけで作ってるので作ったのを画像としてダウンロードできません
保存したいならスクリーンショット撮るしか方法はないです


いつもなら、

作った→バグ直した→動いた→なんか機能追加してみる
→(使い道ある)→公開
→(使い道ない)→ゴミ箱へ

だったのですがせっかく作ったのだしとりあえず捨てずに公開しとこうという流れです


----------------

http://nmm.blog.jp/hp/tool/strcolor.html

使い方とか

textに文字を入力します
文字コードが255を超えるのも対応させたのでどんな文字でも大丈夫なはずです

エンターキーを押すか「enter」ボタンを押すと下に色が出ます
色は、文字コードが255以下のは一文字を2桁の16進数にして、255より大きいのは一文字を6桁の16進数にします
桁数足りないところは0で埋めます
16進数文字列を前から6文字ずつ取ってきて順に色のカラーコードとして表示させます
6文字に足りない場合は後に0を足します

widthとheightの入力箇所は1つの色の幅と高さです
nowrapのチェックは、チェックすると画面端まで行っても折り返ししません
autoは、チェックするとtextを入力中に色も反映させます

色を文字列に戻したい場合は、左上側の色から順にカラーコードを取得して、2文字ずつみて、
00→次の4文字を10進数化してString.fromCharCode()にいれる
それ以外→その2文字を10進数化してString.fromCharCode()にいれる
をやって返って来た文字列を並べるだけ

「文字コードが0か65536以上の文字が入力されない」という前提で作ってます
String.fromCharCodeの引数は65536以上入れても一周していて、97と65536+97を入れると同じ値が返って来ます(97はaです)
というわけで文字コードが0(\0?)を入力しない限り元に戻せる可逆な暗号化です
文字を色化して色を圧縮せず保存すると明らかにデータサイズが増えるので圧縮なんて言えない…