smashbros-sp-switch

スマブラやりましたー
やっと全キャラ揃いましたよ

長くなったので記事をわけて、こっちは Switch 関係の話です
スマブラの中身は別記事です

ゲームやっても本体メニューには変化なし

スマブラ同梱版の Switch を買ったのですが、 Switch 本体だけ先に届いていました
なのでなにかゲームでもしようかなと思ったのですが、スマブラまでにクリアできるのなさそうだしーということで、結局スマブラまでは PS4 で P5 とかアルカナブラッドとかやってたのでスマブラが Switch の初ゲームです

Switch のメインメニューはできること少なめで、ゲーム始めたら増えたりするのかなって思ってたのですが、やってみても特に増えませんでした
PS4 みたいな感じで横にゲーム一覧が並んでいて、押すとゲームが始まります
あとは下のメニューくらいです

switch-home

実績系なし

ゲームをやってみましたが、 Switch にはトロフィーや実績のようなものはありませんでした
スマブラにはゲーム内にクリアゲッターがありますが、そういうゲーム内のみで本体の部分で管理するものはないようです
トロフィーとかはあるとコンプしたくなるけど、そのせいで面倒な作業したりで楽しめなくなる場合もあるので、ないならないで全然良いのですがゲーム一覧を眺めるような画面はあったほうが良いかなって思います
PS4 などと違って HDD がなくてあんまりゲーム入れられない分、消してもこれまでやったゲームの一覧を見たいことはありそうですからね

本体メモリ

ところで Switch の本体メモリは 32 GB らしいです
PS4 だと内蔵 500GB +外付け 4TB で容量には困らないようにできてるのですが、 Switch は持ち歩けるタイプでもあるので HDD は内蔵していません
据え置き機と比べると将来的にはこの辺が少し困りそうです

Vita と比べてみると、 64 GB メモリカードを使っていて少し足りないくらいなので、本体 32 GB あって、外付けに 64 GB の SD カードつければ余裕あるのかなと思ってました

ただ、スマブラのサイズを見てみると、

14GB

残りは 12 GB くらいでした
合わせて 32 GB にならないのはシステム部分でも使ってるからです

過去の全キャラいてコンテンツがいっぱいとは言え、グラフィックにすごい力入れてるわけでもない 2D 対戦ゲームでこれだとやっぱり Vita よりはどのゲームもデータ量多くなってそうです
やっぱりいろいろゲームするにはちょっとつらいのかも

据え置き機・携帯機兼用ってけっこういい感じ

最初はそこまで魅力に感じてなかった据え置き機と携帯機の兼用ですが使ってみたら思ったよりもいい感じでした
場所取らないですし、ディスプレイでやっていたゲームをそのままベッド横になって続きをプレイできます
もちろん外出中にもプレイできます

据え置き機としての使い方のみでも、 PS4 みたいにスリープからの復帰に時間はかかりません
Vita くらいすぐにゲームを開始できます

PS4/Vita はリモートプレイがあるのでそこそこな通信速度のネット環境があるところでなら続きを遊べますが、場所は限られてきます
それに接続までに少し時間がかかったり、多少は遅延があるのでゲームによってはやりづらいこともあります
その点 Switch だと Vita 単体でゲームするときくらいの感じで続きを遊べます

良くないところは上で書いた容量やスペック不足です
とは言っても、スマブラのクオリティのゲームが快適にプレイできて、しかも発熱やファンの音が気になるとかは全然ありません

FF15 みたいなキレイさを重視したグラフィックやオープンワールドは難しいかもですが、そういうのでなければ普通に問題ないと思います
特に私みたいなキャラゲー系グラフィックのゲームをメインに遊んでる人ならソフトさえ揃えば Switch でも全然問題ないと思います
最近は Switch マルチも増えてますし、大きなディスプレイでやったり携帯機としてやったりしたいゲームは Switch 版を買うというのもアリに思えてきます

PCと接続できなかった

Switch でもスクショの保存機能があって、 PS4 より Vita に近い感じで、ボタン押したら即保存されます
保存したスクショをブログに載せるためにデータを移そうとしたのですが・・・

PC と接続してもデータをコピーできません

一応接続したら自動でドライバインストールが実行されるのですが、終わってもフォルダとして Switch に保存したデータを見ることができません

Switch には micro SD カードを挿せるので、SD カードにコピーして SD カードを PC に接続するしかなさそうです

SD カード

そういうわけで、 micro SD カードを探してきて挿してみました
結構古めの 2GB の micro SD ですが問題なく使えました
PC にコピーすることはできたのですが、けっこう面倒でした

SD カードはゲームも保存できるためか、抜き差しは電源切った状態でしないといけません
起動中に挿し込むと再起動が必要という画面になりますし、起動中に取り出すとシャットダウンが必要という画面になります

PS4 に USB メモリを挿してスクショをコピーするように、いつでも抜き差しはできると思っていたのですが、そうはいきませんでした
Vita のメモリカードや、 PS4 でゲームを保存できるタイプの外付け HDD みたいな扱いです

スクショをコピーするためにいったんシャットダウンして SD カード取り出して・・・というのはちょっと面倒すぎですよね
PC と接続して内蔵データを直接見れるような更新があることに期待です

ゲームキューブコントローラ

Switch を買うときに一緒に購入されているものにゲームキューブコントローラがありました
Switch でも使えるんだ!と思って買ったのですがゲームキューブコントローラ自体は本当にゲームキューブコントローラでした
先が USB になってるのを想像したのですが、ゲームキューブに挿し込む丸いやつでした

調べてみたら USB 接続でゲームキューブコントローラを差し込めるアダプタを買って、それを通して Switch に接続する必要があるようです
なので、ゲームキューブコントローラをすでに持ってるならアダプタだけ買えば使えます

ところで、このアダプタは Switch 側は 2 つの USB ポートが必要でした
他に USB 接続必要なものを使ってるならハブがあったほうがいいのかもです

基本操作は変わらないので、ゲームキューブコントローラを使ってると慣れた感じで操作できるのが嬉しいところです
ただ、ゲームキューブコントローラを使うときの唯一のデメリットは

ホームボタンとスクショボタンが押せないこと

ホームに戻ったり、スクショが取りたいときには、そこだけコントローラを持ち変える必要があります


他にも Switch コントローラと比べると

◯ Switch の +/- ボタンがゲームキューブコントローラだとスタートボタンひとつだけ
◯ LR ボタンがゲームキューブコントローラだと右側にしか Z がない
◯ ゲームキューブコントローラはスティックを押し込めない

と違いがありますが、スマブラだと特に困ることはありませんでした
-ボタンやスティック押し込みは使わないですし、 Switch コントローラでは Z での「投げ」を左右どっちでもできますけどゲームキューブコントローラ使う人からすると右側だけで困りません

やっぱりスマブラするのはゲームキューブコントローラですよね!
個人的にはコスチューム替えが Y/X じゃなくて L/R になったのが未だに慣れません・・

スマブラ自体の内容は別記事に続きます
→ スマブラSP 全キャラ出せた!