hkd-hns-compare-overlay

地図を見てる時、今の場所と別の場所で距離を比べたいってことありませんか?
今の画面で半分くらいの長さだからー・・・比較したい場所に移動してー・・・
なんてやってると、動かすのも、また前の場所に戻したいときも面倒です

それに比較したい場所の距離が離れてると、そのままの縮尺で移動するのが大変です
たとえば、新宿駅と梅田駅周辺を見たいなってとき
駅周辺が見えるくらいに拡大したままで東京大阪間を移動するのはやってられないです

かと言って、縮尺の「◯km」の数字を覚えて、一旦ズームアウトして移動してズームイン、というのもまた面倒です
そうやって移動してる間にさっきのどれくらいだっけ?って思うことが多いですし

そんなこんなで、地図を並べて別の場所を同じ縮尺で見れるといいな、と思って作ったツールがこちら

地図比較

4 つの地図同時に表示されて、それぞれ場所を動かせます
縮尺の変更は同期されるので、全部の地図で画面での距離は同じ距離になります
(緯度が高くなると地図での距離が~、とかいうのは置いておきます)

梅田駅・新宿駅
名古屋駅・京都駅

を表示してみた例です

4map

別々の場所を同じ縮尺で見ることって普段ないので、比べてみると
「◯から×までより、△から□までのほうが遠かったんだー」
なんていうのが見つかるかもしれませんね

ところで地図は国土地理院地図を使っていて Google マップじゃないです
Google マップは API キーを入れないと暗い表示になってしまって、使う人に毎回キー入力してもらうのも負担が大きいですから

Google マップ開いたブラウザのウィンドウを並べればいいんじゃないの?って言われるとまあそうなんですけどね



実はこのツールにはもう一つバージョンがあります
4 つの地図を並べましたが、基本 2 つで十分じゃない?という思いがあります
比較するなら重ねて見えたほうがもっとわかりやすいんじゃないの、とひらめいたので重ねてみました

地図比較(重ね)

map-compare-overlay

上側の左右の 2 つの地図はさっきのと同じように操作できます
ズームレベルも同期されてます
左下の地図は見る専用で、上の 2 つの地図を重ねて表示してます

見づらいですね

半透明で重ねても何がなんだかよくわかりません
ですが・・・透過度を変更する機能使うと少しマシになります
右下にある透過度のバーを左右に動かすと地図の透過度が変わります
0% だと完全に左上のになって 100% だと完全に右上のになります

50% だとこの線はどっちの地図の?って言いたくなりますが、動かしながらだとそのあたりの違いもわかって比べやすくなります

北海道を本州に重ねてみると北海道の大きさがよくわかりますねー