Folding@home で 100 万ポイント超えてからは BOINC の Science United を使ってみていました

忘れないうちにそのへんのまとめのメモを書いておきます

プロジェクト

自分にアサインされたやつを調べただけなので、アサインされなかったのは書いてません
おおざっぱに何するプロジェクトかと タスクの実行時間がどれくらいかです

何やってるのかは基本専門的すぎてよくわからないので雰囲気です

実行時間はタスクと PC スペック依存なので参考程度です
BOINC に使ってる PC の CPU は i5 6400 で GPU は GTX 750 Ti です

Rosetta@home

https://boinc.bakerlab.org/

医療系
タンパク質の構造を予測するシミュレーション
新コロ関係の研究もやってる

CPU のみで 2, 3 時間のもあれば 7, 8時間のも

Asteroids@home

http://asteroidsathome.net/boinc/

宇宙系
小惑星の特性調べる

GPU で 1 時間ちょっと

Milkyway@home

https://milkyway.cs.rpi.edu/milkyway/

宇宙系
天の川とかダークマターとか

separation と N-body の 2 つのサブプロジェクトがあって、 GPU だと separation で CPU だと N-body
将来的には N-body のほうが Milkyway@home のメインになるみたい

GPU タスクはすごく短くて 10 分程度
CPU タスクは逆にすごく長くて半日だったか 1 日だったかそれくらい
さらにコア 2 つも使う
CPU も GPU くらいの時間で終わってくれるといいのにね

GPUGRID

https://www.gpugrid.net/

医療系
がんや HIV や神経疾患など
分子動力学シミュレーションというシミュレーションをするみたい
新コロはなさそう

GPU で 3 ~ 5 時間くらい

RNA World

http://www.rnaworld.de/rnaworld/

医療系

プロジェクトにはアサインされたけど 1 つもタスクが来なかった
公式ページだと (beta) って書いてる

Amicable Numbers

https://sech.me/boinc/Amicable/

数学系
友愛数をみつける

2 つの数字のペアで、約数全部を足したら相手の数値になるものを友愛数って呼ぶらしい
最初、素因数分解するのかと思って、結果と説明と合わなくない?とか思ってしまったけど、『約数』
何に使えるのかは知らない
詳しくは Wiki

メモリ使用量が大きくて重い
GPU を使うタスクは 9GB くらい仮想メモリを確保してた
物理メモリが 8GB のマシンなのでメモリ不足でスワップしまくり、マウスすら動かなくなったり OS が不安定になったり・・・
それでも一応進行率が 100% にはなった・・・のに、そこでメモリ不足って出て完了しない

CPU のみ版は 3GB くらいのメモリだったけど、時間がかかりすぎてる
4 時間でも 1% 未満
単純計算で 100% まで 400 時間以上
1 日 24 時間つけてても 16.66 日
どうみても期限に間に合わない
推定計算量は 100,000 GFLOPS なのに・・・
他プロジェクトで計算すると 100,000 GFLOPS は 3 ~ 5 時間もあれば終わってるはずなのであんまり当てにならないぽい

PrimeGrid

http://www.primegrid.com/

数学系
素数をみつける

Amicable Numbers と違って重くない
見つけるために使う方法がいくつかあってサブプロジェクトになってる
だけど Science United だと選べないのでタスクの完了時間はバラバラ
GPU を使うタスクで 1 時間のもあれば 8, 12 時間くらいのも

NumberFields@home

https://numberfields.asu.edu/NumberFields/

数学系
代数的整数論の分野の研究
特別なプロパティを持つフィールドを探す・・・らしい(なにいってるかわからなかった)
因数分解を使う暗号化にも使われてるんだとか

CPU だと 1 ~ 3 時間くらい
GPU だと 20 ~ 40 分くらい

NFS@Home

https://escatter11.fullerton.edu/nfs/

数学系
大きな整数を因数分解する
Number Field Sieve 因数分解の lattice sieving step をするみたいだけどこれがなにかはよくわからない

CPU で 40 分 ~ 1 時間くらい

climate prediction

https://www.climateprediction.net/

気象系

プロジェクトにはアサインされたけど 1 つもタスクが来なかった

完了済みタスクの情報

BOINC の画面では完了してしばらくするとタスクが消えてしまいます
どれくらいのタスクを完了したのか、何時間くらいかかったのかを見たくなったので、ログファイルを探すと・・・

C:\ProgramData\BOINC

フォルダの中に

job_log_boinc.bakerlab.org_rosetta.txt

のような名前のテキストファイルがありました
これがログファイルでプロジェクトごとにあります

中身はこんなのです

1589169069 ue 27952.269047 ct 28693.500000 fe 80000000000000 nm r3x_3501_fold_SAVE_ALL_OUT_919974_1344_0 et 30531.866831 es 0

これを見てもどれが何を表しているのか全然わからなかったので調べました
BOINC はソースコードが公開されてるので こういうときに助かりますね(C++ 読みづらい)
https://github.com/BOINC/boinc/blob/client_release/7.16/7.16.6/client/result.cpp#L577-L581

まとめると

一番左: ログ時刻 (タスクの終了時刻)
ue: 推定実行時間
ct: 最終 CPU 時間
fe: 推定計算量
nm: 名前
et: 経過時間
es: 終了ステータス

BAM! にしました

Science United では色々プロジェクトにアサインされていますが、ほっとくと同じのばかりでした
色々やりたかったので好みの調整をこまめにいじってほぼ手動でやりました
それでも GPU があると GPU プロジェクトがかなり優先されるようです
CPU のだと World Community Grid は人気みたいですが結局アサインされなかったです

結局自分でプロジェクト追加みたいなことしてるし、サブプロジェクトとか設定もいじりたいしなと思って Science United はやめて BAM! にアカウントマネージャを切り替えました

最近は World Community Grid でも新コロプロジェクト始まりましたしこっちをやってます

BOINC 系は Folding@home みたいに急かされる感じがないので、 BOINC のほうが好みに合ってる気もしてきました

これまでは寒い~涼しいな時期だったのでパソコンが頑張ってると足元が温かい(足元に置いてる)のでちょうどよかったのですが、これからの夏はパソコンの発熱は避けたいですし、エアコン代もかかるのでそろそろ一旦終わろうかなとも考えてます