p5s-top

前回の続きで京都に向かうことになったのですが、予想に反して寄り道はありませんでした
その日の内に北海道から京都まで車で移動してくれるなんてオッサンすごい!

P5S_014

京都編ですが、思いの外短かったです

オッサンの家族の話で、ジェイルも観光も自由移動もなくてストーリーを見るだけ
謎が多くて怪しかったオッサンの人柄などいろいろわかります
娘がいたのはちょっと驚きでした
オッサンなのは見た目だけで実は割と若めかと思ってたのに本当に中身までオッサンです

でもまあ感動のいい話でした
実はいいオッサンだったんだなー

そして次は沖縄

P5S_015

神戸からフェリーで移動です

P5S_016

空や海がキレイです

P5S_017

P5S_018

札幌のときは普通の都会でしたが、沖縄は島からの風景が良くてスクショ撮りたいポイントが多かったです
P5 系は街のクオリティが高いのも良いところですよねー

目的の研究所ですが、街から普通に見えていて近くでした

P5S_020

職員は翌日戻ってくるとかでこの日は遊ぶことに

P5S_019

夕日もキレイです

P5S_021


楽しく遊んで翌日にジェイルかーと思っていたら・・・
夜に島民に襲われ命を狙われることに・・・

いきなりのひぐらし的なホラー展開に驚き

島民たちはネガイを奪われ洗脳されてるみたい
だけどソフィアはこの島にジェイルは感じないと言っていました
そんな中、研究所まで逃げてきてオッサンが一人の島民を捕らえます
そういえば最初にオッサンと出会ったときもそんなことしてましたし思ったより強いです

捕まえた人のケータイから EMMA のキーワードを見つけジェイルに入れたのですが・・・
そこもまたホラー感ある暗めな雰囲気の研究所
真がジョーカーに抱きついてるところをオッサンに見られて惣次郎のときと同じような反応されてました

今回のジェイルはこれまでみたいに都市をフィールドにしているタイプじゃなくて研究所の中だけです
これまでのジェイルはオープンワールドではないですが、マップごとにはそれに近いオープン感はありました
このジェイルはいわゆるダンジョン的な狭い一本道を進むだけです
マップの切り替わりもなく 1 つだけで小さめです
札幌もこれまでに比べたら狭めでしたがそれ以上です

入ってすぐからソフィアは誰かの声が聞こえると言って進んで行きます
最後まで行くとソフィアに似た声が聞こえました
EMMA に関係する別の AI っぽい感じです
ソフィアの正体に繋がりそうですが詳しいことはまだわかりませんでした
結局ここのジェイルのキングはいなくてトラウマルームの管理者ぽいロックキーパーを倒して終わりでした

道中でみつけたボイスレコーダーにキングの声が残されていて、黒幕にジェイルの研究させられていたり、自分がジェイルのキングにさせられようとしていたなどのことがわかります
その後、キングの人は自殺してしまったみたいでジェイルは休眠していてソフィアが見つけられなかったようです
それでもネガイは囚われたままなんですね

今回はそんな特殊なジェイルで、トロフィーは「廃王の鳥かご、消滅」
もう本編通りの罪の名前がついていませんね

これまでと違って、いろいろ特殊な事が多かった沖縄でしたが、たった 1 日で移動することになりました

P5S_022

フィールドが好きだったのでもう移動しないといけないのはちょっと残念
もう戻ってこれないみたいですし

そういえば、今回は自由行動タイミングがあんまりなくストーリーイベントが多かったのでリクエストをあまりこなしてなかったです
リクエストを終わらせたら次の都市に向かおうと思います

次の目的地ですが、オッサンはこの事件で現実世界の研究室で見つけた情報を調べるために京都に戻り、主人公たちは長い船旅はイヤってことで九州に向かうことになりました
今回色々あった気はしますが、京都はジェイルがなくてクリアしたジェイルはまだ 4 つです
5 つ目は九州のどこかにありそうですね

もうひとり仲間が増えてオッサンだと思うのですが、この感じだとまだ先なのかなぁ