router

やる気が起きないけどとりあえずやり始めさえすればあとはなんとかなる、な状態です
タイトルとトップのイメージ画像だけ用意すれば本文は割と書けることに気づきました
PC 関係の記事が続いてるのでこの勢いでもう一記事書いておきます

ルーターが壊れた

別の記事で少し触れたかもですが、今月の頭にルーターが壊れました
前日までは普通に使えていたのに、朝 PC の電源を入れるとネットワークにつながらないとエラーでした
つながる PC とつながらない PC があって、調べてみるとあるルーターを経由してるものだけがつながってませんでした
部屋の壁につなぐ、契約時に貸してくれる機器がルーターも兼用しているのですが、有線 LAN ポートが足りないのと、貸してくれてるの機器は無線 LAN 機能がないので、もう一台昔から使ってる自分のルーターをルータモードをオフにして使ってました
このルーターが壊れたみたいで Wi-Fi 接続してるタブレットやゲームハードは全滅でした

ルータにつないでる LAN ケーブルがダメなのかなと別のに挿し替えてみてもダメ
困ったときの再起動!でもダメ・・・
最終手段の出荷時リセット!!でもダメ・・・・・
さすがにどうしようもない気がしてきました

買い換えるしかない

ルーターなんて基本つながれば良いってくらいなので、全然買い換えずほぼ 10 年前のやつです
メーカーはコレガだったのですが、いつのまにかコレガは一般向けのルーター事業を終了してたくらいです
ここまで古いと完全に寿命のようですね
これまで不調とかなくて元気だったのに一気につながらなくなるものなんですね・・・
ルーター自体はランプも光っていてステータスチェックは正常らしいのに

Wi-Fi が使えないのは死活問題なのでその日のうちに新しいのを買いに行きました

新ルーター

最終的に買ったのはこれです

router

これまでのルーターのコレガは安いのにそれなりに高機能で個人的に好きでした
見た目も変にこだわってなくてシンプルな箱って感じで、それが好きでした

ルーター売り場に行ってコレガがないのを見てちょっと悲しくなりました
今はやっぱり NEC がほとんどです
あとは ELECOM やバッファロー、IODATA がありましたが NEC に比べると少なめでした

一応ゲーミング用とか書いてアンテナがいっぱい出てて数万するようなのもありましたけど、そっちは特に見てません
そこまでこだわるなら有線にすればいいのにって思います

ELECOM は安いけど壊れやすい印象しかないので、長持ちして欲しいちょっと高めの製品は買いたくないので除外です
バッファローは個人的に相性が悪いので、それなら IODATA のほうが好きなので、候補は NEC か IODATA です

NEC のは種類が多いけどスタンダードすぎるので、ちょっと IODATA 優勢です
上の方のモデルをみたら 5GHz 対応とか、通信速度が 1700Mbps くらいですごく速かったりとか、壊れたルーターを買ったときとはもう全然違う感じです
あのときは 5GHz 帯を使うルーターとかあったっけ?ってくらいです
すごいなーとは思うものの、普通にネットしたり動画見たりできれば十分で 1700Mbps とか絶対使いきれないです
そもそも個人用プランで光回線速度に 1000Mbps (1Gbps) より上なんてあったっけ・・・

これまでと同じ 300Mbps くらいで十分なのでそれくらいを探すと、一番下のモデルになりました
これでいいかなと思ったのですが、よく見てみると目安の同時接続数が少なめでした
同時に全部で通信ってことは少ないけど、 Wi-Fi につながる端末はいっぱいあってタブレットとかは常時接続してるので、少なくとも 4 台、余裕をもたせるなら 8 台くらいがよかったので、一番下はやめました
次のモデルはちょうどよいくらいだったのですが、箱の横に書いてる細かい仕様を見ていたらなんと有線 LAN が 1000Mbps に対応してなくて 100Mbps でした
有線が無線より遅いってそれどうなの・・・
Wi-Fi では速度は求めませんが、有線で 100Mbps はさすがに嫌なのでもう一段上げることにしました

速度も接続数も特に問題ないし、これで決定かな、と思いながら他のも見て回ってると、同じ IODATA なのにほぼ同じ値段でもうひとつ上のモデルが置いてありました
たしか 200 円くらいの違い
別にこれで問題ないんだけど、ほぼ同じ値段で 1 つ上のモデルが変えるならそっちのほうがお得じゃんと思ってそっちにしました

最後に同じ価格帯の NEC を見てましたが、形がいまいちなのばかりだったのでやめました
バッファローはアンテナついてたのでなしです
IODATA のは、形は上の写真の通りで、変な模様入ってるのと中心部が膨らんでるのが気になりますけど、これでも一番マシだったのでこれにしました
バッテリーが膨らんでるのを連想させる感じの微妙な膨らみでなんか嫌な膨らみです
普通にまっすぐな直方体スタイルでいいのに電波が飛ばしやすくなったりするのかな?
持った感じはすごく軽くて中身空のプラスチックの箱なんじゃないのって思うくらい
色はこの青っぽいのより黒とか白がよかったのにこの色しかありませんでした

結局 5GHz の 867 Mbps で 16 台までつなげてという、売り場にあった IODATA のルーターでは上から数えたほうが早いものになりました
それでも 5000 円しないのですから結構安いですよね

これまで使ってたコレガルーターと機能を比べると、 USB で HDD などを挿して NAS として使える機能があったのですが、それがなくなりました
買った頃は便利だと思って使ってましたが、ルーターの性能の限界なのか NAS との転送速度はすごく遅くて結局使ってませんでした
それに、家にいて起きてるときは PC がついてますし、ルーターの機能に頼らなくても Windows のフォルダ共有などで公開しておいてそこを使えば特に困らないでしょう
そもそも今だとそんな機能付きのルーター自体がたぶんないんじゃないかな

新しいのに置き換えてから 2 週間くらいですが無事ネットにつながってます
867 Mbps ですが、やっぱり体感できることはなかったです
Wi-Fi 使うようなモバイル端末で大きなファイルをダウンロードすることなんてないですし、動画再生も最近はストリーミングになってて、事前にある程度ダウンロードするタイプじゃないのであまり効果はないです
一番効果ありそうなのは Vita のゲームダウンロードですが、 Vita が 5GHz の規格に対応してないので 5GHz のルーターになっても意味なかったです