ちょっとパソコン重いかもとタスクマネージャーを開いてみたら CPU 100%
だけどなんか変な感じが・・・

よく見るとグラフが動いてない!!
プロセスタブの表も固まってる

CPU 使用率が 100% でもいつもタスクマネージャーは固まったりはしないのに
メモリ足りなくてディスクの読み書きが大量に起きてるときならよく固まるけど、
そのときってマウスやキーボードもまともに動かないくらいになってるはず

今は少し重いかなってくらいでタスクマネージャーのタブ切り替えはスムーズにできてる
それにブラウザでネット見るのも特別重くもない

なんとなくリソースモニターを開いてみると・・・
普通に CPU 使用率などの数字が動いてる
なのになぜかタスクマネージャーだけ固まってる

調べてみたら「表示」→「更新の頻度」が「一時停止」になってた
「標準」に変更してみたらグラフが動き出したけど、
こんなところ触った覚えもないのになんで一時停止になったんだろう?

ショートカットキーかなって思ったけど 更新頻度を変えるショートカットキーは見つからないし適当にキーを押してみても変わりなし
昔、逆でグラフが高速で更新される!と思ったときはキーボードの上に物が乗っていて F5 が押しっぱなしになってたことはあるけど、今回は何も乗ってないし、 F5 と違って乗ってたら一時停止になるわけでもなさそうだけど

いったいなんだったんだろう・・・