remoteaccess-img

前回の続きで、外出先から自宅のパソコンにアクセスしたいという内容です

ルーターの設定画面が開けない

ルーターを調べてみたのですが、設定画面にログインできません・・・
設置してから何年も経ちますが、一度も設定画面を開いた覚えがないです

説明書を出してくると、デフォルトのログイン情報はなくて、初期設定時にパスワードも設定するようです
初回ってプロバイダ情報入れたりとかの設定は工事の人がやってくれたと思うので私は知らないんじゃないの・・・?
パスワードを書いたメモ書きとかもらってれば説明書と同じ場所に保管してるはずなのにそれらしいのはないです
ルーターの設定を変える人なんて稀だし、聞かなければ教えてくれないとか?

ググって出てくる、設定してもらった場合にありそうなワードを片っ端から入れていったのですが全部間違いでした
覚えてないだけで自分で設定したなら普段遣いのパスワード数パターンのどれかのはずですが、全部ダメでした

初期化は設定が面倒そうですし、プロバイダからもらったログイン情報以外に何を設定すればいいかわかりません
今の設定が見れればいいのにログインできないので見れません

工事の人が複雑な設定はしなさそうだし、最低限プロバイダのログイン情報だけあればネットにはつながるでしょ、ということで初期化することにしました

とりあえず最低限の設定でネットには繋げたのですが、接続方式とか IPv6 みたいなところはデフォルトのままでよかったんでしょうか・・・

設定画面

とりあえず設定画面が開けるようになったので見てみると・・・

VPN サーバ機能がありました!!!
よかった!!!


接続用のユーザ名とパスワードを適当に決めて、事前共有キーを保存します
このルーターはキーの表示部分がコピーできない不便な仕様でした
手入力が面倒な上に O みたいな紛らわしい文字がどっちなのか迷います
普通ならコピーボタンを用意しておくぐらいの場所のはずなのになんでこんな仕様なの・・・

接続

設定できたのでパソコン側の設定です

「設定」を開いて、「ネットワークとインターネット > VPN」の画面に移動します
接続の追加を押して、接続情報を入力します

「VPN プロバイダー」は「Windows(ビルトイン)」しか選べないのでこれ
「接続名」には自分がわかりやすいような名前
「サーバ名またはアドレス」に自宅のグローバル IP アドレス
「VPN の種類」に「事前共有キーを使った L2TP/IPsec」
あとは設定画面で設定したユーザ名とパスワードと取得したキーを貼り付けます

設定が完了すると、作った接続設定がリストに並びます
ここから VPN 設定ごとに ON/OFF を切り替えられます

異なるネットワークになるようにポータブル Wi-Fi に接続してから接続ボタンを押すと接続できる・・・はずなのですが、ルーターによるのか、私の場合はこれだけだと⇩のエラーがでました

「リモートコンピュータにより接続が途中で中断されました」

ググると CHAP の許可が必要らしいです
VPN の接続設定を作ると⇩の画面でアダプタが追加されてます

コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\ネットワーク接続

名前は VPN 設定でつけた接続名になっています

ここでプロパティを開いて「セキュリティ」タブを開きます
「認証」ブロック内の「次のプロトコルを許可する」にチェックを入れて
CHAP にチェックを入れます

vpn-property

これでもう一度接続すると接続に成功しました!

接続できたら自宅内のパソコンの IP アドレスにアクセスしてみます
自宅内と同じようにアクセスできてます

私の場合は、ルーターの初期化時に IP アドレス範囲を変えておいたので問題なかったのですが、自宅内のネットワークの IP アドレスの範囲と、今接続中のネットワークの IP アドレスの範囲が被ると正しく接続できないと思います
192.168.1.*** みたいなデフォルトでよく使われそうな設定になっていたら、 VPN サーバを有効にするときについでに変えておくのが無難かもです

自宅内サーバ

これで無事外部からのアクセスが可能になったので、次はサーバ用パソコンです
ルーターが VPN サーバになったので、サーバでは VPN や SSH のことを考える必要がなくなりました
フォルダ共有が主な目的なので、消費電力が少ないミニ PC を探そうと思います

たぶんつづく