genshin-inazuma-top

これまでずっと探索たのしー、で本編を進めてなかったわけですが、璃月の探索もだいたい終わってからはストーリーをはじめました
ストーリーに手を出す前に探索率 100% を目指してましたが、いくつかの地域は 100% にできたものの全地域は無理そうでした
地霊壇が怪しいなと思って開けてみたら 90% 台だったのが 100% になってましたし、 100% になってない地域には未開放の地霊壇があります
鍵の取得は冒険者ランクを上げる必要もあるので 100% は諦めて本編をすすめることにしました

ストーリー

原神はアニメ調グラフィックで JRPG 風なところが多く、海外のゲームの中ではとても好みに合ってるのですが、それでもやっぱり海外のもので翻訳な分、変に感じるところも多くあまりストーリーは期待してませんでした
キャラを見ながらボイスも聞いてると、口パクとずれてるところが気になったり
セリフなどキャラ自体の統一性のなさを感じるところがあったり
このキャラならこう言いそうみたいのを外していたり、別のシーンと違ってるけどとか
あえてそうしてるならいいのですが、なんというか翻訳ならではの問題って思える感じなんですよね
あと、間が入りそうなシーンも一瞬で進んでいて、ストーリー演出を手抜きしたネトゲとかを思い出させるところがあったり

序盤がそれだったので、ストーリーは放置してキャラやワールドのグラフィックの良さや探索の楽しさメインで遊んでました
しかし、いざストーリーを進めてみると思っていた以上にストーリーも面白かったです

実際、いまいちよくわからない話とか頭に入ってこない部分も多々あるのですが、全体的に見ると、そのへんの JRPG と比べても上の方と言っても良いくらいなレベルです
最重要なところはパイモンですね
とてもかわいく最高のマスコット(非常食)です!

パイモンは探索だけやってると全然登場せず、稀に世界任務で少しセリフがあるくらいで忘れつつありましたが、本編になるといっぱい登場して活躍してくれるのが嬉しいです
見てても声を聞いていても癒やされるキャラです

序章

序盤の方の騎士団がどうこういう話
こういう世界観のファンタジー系のあるあるみたいなところもありそんなに興味がなかったです
それもあって、ストーリーを後回しに探索するようになったわけですけど

第 2 幕

1 幕が終わってリサが加入したところから本編を放置してたので、 2 幕からでした
アビスがどうのこうのみたいな世界設定についての話を兼ねてるようなもので、あっちいってこっちいってでここでもそんなに面白いとは思えず、途中で中断して別のことを始めたりしてました・・・

前に書いた記事で、デイリークエストでモンドに酒場に入れることを知ったと書きましたが、第 2 幕の本編ではよく来る場所でした・・・
その時点でも数十時間か、もしかすると 100 時間はプレイしていて、モンド城内はどこに何があるかもだいたい把握してるくらいだったのに知らなかった場所だったので結構レアな隠しスポットのように感じていたのですが、ストーリーを普通に進めていればかなりの序盤で当たり前のように行く場所だったわけですね

新キャラのディルックが出てきました
酒場のオーナーで、騎士団嫌いで別のやり方でモンドを守ってくれてるいい人
キャラは好きなのですが、お試しで使った限りではプレイアブルキャラとしていまいち
☆5 なんだし、かなり強いんだろうなー思ってたのに
両手剣でモーション遅めだし、スキルや爆発もなんか普通な感じでした
その後に他のお試しで色々な☆5を使った限りだと影が薄い感
初期のキャラだし仕方ないんでしょうか

最終幕

その後の第 3 幕
これまで行けなかった風龍廃墟にとうとういけるようになりました
見通しが悪く嵐の中のような感じで、風龍廃墟という名前にあってる雰囲気です
フィールドの雰囲気に加えて、この時点でプレイ時間が 100 ~ 200 時間くらいなこともあって、ラスダン感がすごくありました

中央にたどり着いて、その後に各地のギミックで封印を解放して、とやってることもまさにって感じです
結局広さの割にはあっさりと終わってしまいましたが、 JRPG のラスダンは必要以上に引き伸ばされてる感があって途中で疲れるのでこのスピード感は結構好きでした

しかも終わってからのムービーや演出、すごくエンディング感があります
章の終わりではありますが、まだこれで序章です

神の心

きれいに終わったかと思えば、続きものによくあるような感じで最後に起きる事件
ウェンティが神の心をファデュイの執行官に奪われてしまいます
神なのにわりと弱い・・・・
プレイアブルなのに極端に強くしない理由付けとして神の心が奪われたからということにしてるのかも?と思わなくもない

後でウェンティから教えてもらえますが、神の心は一般人が持ってる神の目のすごい版みたいなもので、これで元素をコントロールしてるようです
だからウェンティが持ってる神の目は、元素を使ってて怪しまれないための偽物
それだと神の心を奪われたら元素が使えなくて一般人以下の気がするけど・・・?

原神

あと重要そうな世界の秘密で、神の目を持ってる人はみんな神になる素質があって『原神』と呼ばれてるとか
よくわからないタイトルでしたがそういうものだったんですねー
元素ゲーなら原神じゃなくて元神じゃないの?とか思ってた・・・

ちなみに原神の読みは中国語だと yuan shen らしいけど、世界的に読みづらいから日本語の Genshin にしたとか少し前の賞をとった頃に言われてました
璃月(りーゆえ)を始め、璃月関係は中国語読みが多いので慣れると中国語力が上がるのかも?

ウェンティ

ウィンティだけど、神としての名前は「バルバトス」らしい
その名前はテイルズの某おじさんしか出てこないからイメージに合わなさすぎて困る
背後からの攻撃に自動反撃の天賦とかないのかな

トワリン戦ではお試しできて、かなり強かったです
「弓ってまともに戦えるんだ」と思ったくらい
まあアンバーはギミックと敵に火を付ける要因ですから・・・

バーバラ

そういえば序章クリア特典でバーバラが加入しました
モンドの教会の人で、天空のライアーの件で迷惑かけたあの人
回復キャラです

原神はスマホ向けでもある分、アクション難易度は低めです
敵に勝つにはアクションを頑張るよりも装備の効果や特殊効果・キャラの組み合わせを考えるほうが大切です
そういうバランスなので今のところは敵の攻撃は避けやすいです
コントローラで遊んでると「攻撃なんて当たらなければいいんだよ」と、回避でどうにかなって回復の必要性はそこまでなかったです
防御よりも回避の方が好きなので、この辺は個人的に気に入ってるところです

たまにダメージを受けますがワープで天神像に戻ればいいし、回復キャラなら入れなくてもいいかなと思ってました
その後冒険者ランクを上げることになって、敵が強くなると通常攻撃だとダメージがほとんど入らず元素反応ダメージ頼りになりました
一番ダメージが大きい過負荷はアンバーで炎付与する効率が悪いので、ダメージは劣るものの頻繁に感電を起こせるバーバラに入れ替わりつつあります

次章へ

序章が終わって風龍廃墟に再び訪れるとムービーであったように気持ちよく晴れた風景に変わってました
これはこれでいいけど、あのラスダン感も好きだったからちょっと残念でもある

このあたりから、世界設定の重要なことがわかってきたり面白くなってきました
次は岩の国に行くことになります
年に 1 回の迎仙儀式の時期がもうすぐで、そこで岩の神の岩王帝君に会えるようです

私の場合はストーリー進めず長期間放置してたので、旅人がテイワットに来て 1 年過ぎての迎仙儀式な気がする・・・

第 1 章

璃月関係は文字入力するとき変換ができなくて辛いです

第 1 幕

璃月港にいくともう儀式が始まるようで、行ってみるとよくわからないままいきなり岩王帝君が殺されたとか
急すぎるけどほんとに死んだの?神ってそんな簡単に殺されるものなの?とか思ってたら逃げることになってタルタリアに助けられます
ファデュイの執行官らしいけど、それってウェンティから神の心盗んだやつの仲間だよね・・・
怪しいけどなんか助けてくれてるし、七星というのが怪しい感もあるし
今度の国ではファデュイが仲間になるパターン・・・?

とりあえず言われたとおり、仙人に会いに行くことに
仙人ってなんだよと思ったけど人じゃなくて鹿とか鶴とか
みんななんとか真君っていう覚えられないような名前だったけど、璃月編が終わるまで何度も見てるうちになんとか覚えた
削月ちくようしんくん(鹿)、留雲しゃくふうしんくん(鳥、ギミック系)、理水じょうざんしんくん(鳥、琥珀)
漢字は無理

第 2 幕

鍾離先生のおつかい
タルタリアから紹介してもらった往生堂の客卿の鍾離先生
なんか怪しいし、モンドの神がアレだったし、もしかして岩の神・・・?
でも、なんか抜けてる感あるし、岩の神って聞いてるイメージだともっと怖そうというか厳しそうというかそんな感じがあるけど・・・
山を動かしたとか璃月港の東にある島を作ったとかも言われてるし、本当に人なんだろうかという気持ちも・・・
トワリンみたいなモンスター型のほうがしっくりくる
実際、殺されたと騒ぎになったときに見れた遺体は龍だったし
仙人たちも人型じゃなくて獣の姿だし
それに死んだとされてる岩王帝君の送仙儀式の準備を真面目にしてる

その送仙儀式の手伝いをすることになって、儀式のために色々準備するのにあれこれ集めることになります
面倒だったけど、終わってみると璃月や仙人についてのことを色々教えてもらえたり、あちこちにいって璃月を旅してる感もあったりでそれなりに楽しかったです
(ココナッツヒツジ・・・)

終盤ではタルタリアが部下に盗み聞きさせていて、岩王帝君の亡骸の場所が知られてしまいます
やっぱり裏があったか・・・でもこのときはまだ戦うことになるとは思ってませんでした

最後に、鍾離先生とご飯を食べてる時に、甘雨が凝光の使いとしてやって来て群玉閣に招待されて終わりでした
このときはまだ、タルタリア以上に凝光が怪しく思ってたので、本章ラスボスの予感を感じてました

第 3 幕

第 1 章はまだ続くのですが、璃月編としてはこれが最終幕です
予想外の展開が多かったですが、ラストは演出にも迫力があり、いい感じに終わってモンド以上に楽しめました

群玉閣、自由に璃月を探索していたときに行こうといろいろ頑張ったのに行けなかった場所です
絶雲の間の上のやつはギミックで登れたので同じ感じかと探しましたがいけませんでした
やっぱりストーリー展開上のものだったんですね
とうとうそこに登れるわけですが、旅人たちも登り方がわからず探し回ることになって、もうひとりの七星の刻晴に教えてもらえました

刻晴は全然敵っぽさを感じず、凝光とは仲が悪いのか敵対してる?ような感じも
七星の 7 人と戦うことも考えてましたが、そういう展開にはならないのかな
そもそも七星って 7 人いて凝光よりも上の人達がいっぱいいるようなイメージを勝手にもってましたが、 2 人しかいなかったですし、凝光がトップ的な立ち位置でした

群玉閣での話だと凝光が岩王帝君の亡骸を隠したけど、悪いことを企んでるわけでもなさそう
結局どういうことなの?と思いながら進めて、鍾離と合流して残りの儀式の準備
璃月港まで戻ってくると、ファデュイがどうこうみたいな話があって、鍾離と別れて亡骸がある黄金屋へ

タルタリア

黄金屋に付くと、タルタリア戦
凝光とか鍾離とか他キャラとの関わりのほうが多くて完全に忘れていました
そういえば第 2 幕の最後で怪しい動きしてたね

戦闘はこれまでに比べると難易度が格段に高め
ボスかつ人型ということもあって、動きは素早く避けづらい広範囲攻撃も多用してきます
当たらないので問題ないという考えで防御力が紙だったので 1 戦目は負けました・・・
途中で形態変化したので、 2 ラウンド目でこれがラストだろうと残り体力気にせず攻撃優先して倒したら予想外の 3 ラウンド目がありました・・・
2 戦目はパターンがわかってたので勝てましたが、一気に難易度が上がったと思います
聞くところによればこれでも実装当初から弱体化したのだとか
戦闘だけじゃなくてストーリーのムービーも入るのにスキップができないので、負けてやり直すのは時間がかかります

タルタリアの狙いはやっぱりファデュイの執行官らしく岩王帝君の亡骸の神の心
それがなかったということも重要な部分でしたが、それ以上に一番の驚きは変身シーンです
唐突に始まる変身ムービー
そしてかっこいいのか悪いのかなんとも言えないスーツに身を包むタルタリア
反応に困りました
パイモンみたいな宇宙柄?のマントはいいのですが、 1 つ目マスクはどうかなと思うんです
デットエージェントみたいな感じにしたらかっこいいと思うんですけどねー

強かったし、これがこの章のラスボスかーと思っていると、孤雲閣に封印されていた魔物を解放して逃げていきました
余計なことを・・・・

璃月編ラスボス

封印が解かれて海から水龍が出てきてました
嵐のようになっていて、ワールドどうなってるんだろうと思ったら強制的に群玉閣に飛ばされてラスボス戦

直接水龍とは戦わず、仙人たちを補助するために防衛戦的な感じで雑魚敵を倒していくのが主でした
仙人たちが力を貸してくれて移動速度が上がったり、自動回復したり、追加ダメージを与えられたり
戦っていてすごく快適
普段からこの能力欲しい!

結局仙人たちでは倒しきれずに群玉閣を水龍の上に落としてトドメ
群玉閣が壊れてフィールド上からは無くなり、行けなくなってしまいました
せっかく行けるようになったのに・・・

送仙

そういえば鍾離先生は?と探しに行くと、ファデュイもいて、璃月港での騒動の真相がわかります
予想は当たっていて、鍾離が岩王帝君でした
当たってはいても、本当に?とツッコみたくなる部分は多かったですけど・・・

岩王帝君は 6000 年生きてるらしく、モンドの神も同じ頃からいるらしいです
鍾離でもそうは見えないと思うのですが、ウェンティのほうが驚きです
その他の国は代替わりしてるらしいので、最初の 2 国が古くから同じ神がいる国だったんですねー

結局、今回の事件は鍾離が神をやめるために計画してたことで、神の心を対価にファデュイの国の氷の国の神と契約して、ファデュイに手伝ってもらってたみたい
これで風・岩の国の両方の神の心が氷の国に持っていかれたわけです
なんかやっぱりプレイアブルキャラとしてのキャラ性能を抑えるための言い訳を兼ねてそうです
設定上の岩王帝君の強さで戦われたらすぐにテイワットがボロボロになりそう

契約の神だけあって、対等な契約しか結ばないらしく、この手伝いだけでは神の心を渡すに値せず、他に何かがあるようですが教えてくれませんでした
岩王帝君って、◯◯の神みたいな呼ばれ方が多すぎてあまり理解できてないのですが、どれが本来の名前なんでしょう・・・?
鍾離というのは神をやめて凡人となった人としての名前ですし

今思えば、香膏のイベントで 3 つ目に反応したのって手伝ってもらってたファデュイの人の好みってことだったのかな

鍾離の目的だった、自分が神を止めても璃月が大丈夫なのかを確認する試練を七星たちが乗り越えて、人と仙人の関係も良くなったということで、ひとまず璃月での話はきれいにおしまいです
殺されたというのは間違いだったと璃月の人に伝えられて無事送仙儀式を終えました

最後に、岩王帝君は死んでないと夢枕にたって七星や仙人に伝えたと言ってましたが、神の心を失ってもうウェンティと同じく一般人なんじゃないの、鍾離先生・・・

塵歌壺

鍾離と別れて戻ろうとするとイベントが起きました
本編の続きかなと思ったらストーリーパートが多めな世界任務でした
煙緋がメインで関わってくるので伝説任務かとも思ったほどです
この任務をクリアしたら塵歌壺がもらえました

これまで木を攻撃したら木材が取れていたけど特に使いみちもなかったですが、その使いみちがこれです
調度品を作って壺の中に配置できます
好きにオブジェクトを配置してスクリーンショットを取れるのでクリエイティブなことが好きな人には向いてそうです
個人的にはあまりセンスがないので、自分で作るより上手い人が作った画像を見てるほうが好きなのでこれと言って使ってません・・・

一応ちょっとオブジェクトを置いてみたのですが、まだスカスカなのに負荷が高く配置数の限界になってました
ハードごとに限界があるのでしょうか・・・?
ハイスペックゲーミングパソコンや PS5 だといっぱい置ける??

旅人編

ピンばあやと煙緋関係の話は塵歌壺をもらうイベントで、本編ではなかったです
魔神任務を見ても空だし、世界任務や伝説任務のクリアが必要かなと進めていると、モンドのキャサリンに会いに行く任務でストーリーに関わりそうなものが・・・・
後から見直すと、一応世界任務になってますが第 4 幕プロローグと書かれてますね
第 1 章の第 4 幕になっていますが、これまでの璃月の話とは違った独立した話で、図鑑の旅行日誌でも「璃月」ではなく「旅人」と書かれています

再会

新キャラのダインスレイヴに付き合ってあちこちいくことになって、最初の頃は面倒だし早く稲妻行かせてよーとか思ってましたがこれが重要な話につながってました
最初過ぎてほぼ忘れてましたが、旅の目的は、ゲーム全体のプロローグで強そうな敵と戦っていて、その戦いの途中で別れた兄妹を探すための旅でした
終盤までは見つからずに各国を旅するだけかと思っていたら、それに関する重要な話を聞けました
それに、本人とも出会うことに・・・

出会えたならもうそれでおしまいじゃんと思いきや、敵としての登場です
そういえば、序章の第 2 幕の終わりくらいにアビス側の王子的な立ち位置で出てましたっけ・・・

第 4 幕のタイトルの「俺たちはいずれ再会する」
第 4 幕プロローグでダインスレイヴと一緒に行動したあと一旦別れて、第 4 幕のメイン部分の序盤でまたダインスレイヴと行動することになります
別れるときに「一旦別れる」「きっとまた会える」とか言ってたので、「そういうことか、再会早かったね」とタイトルの「俺たちはいずれ再会する」を理解しました
・・・が、実際は兄の空からかけられた言葉でした

せっかく出会えたのに、詳しいことは教えてくれず、空は敵の陣営にいてアビスに協力してるみたいでした
ダインスレイヴを敵と言っていて、知り合いのようですし、旅の終点にたどり着けばわかるみたいなこと言い残して消えていきました
謎が深まりますねー

カーンルイア

新しく出てきたカーンルイアという過去にあった国
本編中でこれまで出てきたような記憶はないのですが、名前には聞き覚えがあります
カーンルイアは七神に滅ぼされたみたいだけど、風と岩の神を見ていて、そんなことしそうな人たちには見えないですけどねー

ダインスレイヴはこの国の生き残りで、 500 年以上生きてるようです
鍾離先生たちもそうだけど、テイワット長生き多いな・・・
でも鍾離先生以上にダインスレイヴはそれっぽい雰囲気は出ていて、共に行動している最中に、この人その国にいた人じゃないのかなーとは思ってました

はっきり言ってたかは覚えてないですが、ダインスレイヴと知り合いということや話的には空もその時代に生きてたみたい?
一度旅をしたとは言ってましたし
旅人たちも不老不死みたいな設定あったっけ・・・

今いるアビスたちはカーンルイアの民だったらしく、七神やそれらの国を滅ぼそうとしてるみたい
ダインスレイヴはアビスにはならなかったけど、同じくカーンルイアの民なので神を嫌ってると言ってたのも納得です
フィールドのあちこちにいるぐるぐる回るロボットは、カーンルイア時代のもので、耕運機と呼ばれていたとか
なんかうたわれのタタリやアヴ・カムゥを思い出します

パイモンは味方?

一度旅をしたという空はアビス側についてますし、本当に七神が正義でアビスが悪なのかと思うところもあります
合わせて、ネットでたまに見かけるパイモンが裏切る説
個人的にはずっと最高の仲間でいて欲しいと信じてますが、こういうナビゲーター的なキャラが実はというのはあり得る展開ですよね・・・

具体的に何だったかまでは覚えてないのですが、似た感じで主人公にナビゲーターキャラがいて、別れた親しい人を探すのが目的という展開の話
見つけたけど主人公に敵対していて、実はナビゲーターキャラが自分の目的のために主人公を利用しようとしていて、敵だと思っていた探し人のほうが正しく、主人公を止めようとしていた
みたいなのをどこかで見た覚えが・・・

パイモンがラスボスみたいな展開は絶対やめてよね
でもなんか最初に空と蛍の 2 人で戦ってたラスボスになりそうな敵
髪が白っぽかった気がするし、パイモンと似てたところもあったような・・・
深く考えないことにしよう、パイモンは最高の仲間!

サブアカ

原神を始めた頃は PS4 とPC/スマホのアカウントを連携できなかったこともあり、気軽に起動できる方がいいか操作しやすいほうがいいかと両方を試してました
最初に選んだキャラが主人公でずっと変えられないキャラだったので、せっかく 2 アカウントあるんだしと主人公キャラも別にしました
結局コントローラを取って PS4 (蛍)の方でずっとやってます

主人公の差はほとんどなくストーリーでもあまり関わってこないと思ってましたが、第 1 章の第 4 幕では大きく関わってきました
まだ 2 つ目の国でこれだと、これからもカーンルイア関係の謎に迫るシーンでは何度も出てきたりするのかもしれません
こういうのがあると、やっぱり立ち位置が逆の場合も見てみたいです
ということで、放置していたサブアカの方も進め始めました

原神のストーリーは 1 回見るだけだとよく分からなかった部分も多いので、 2 回見たほうが楽しめる部分も多いです
一応図鑑からストーリーを再確認できるのですが、ボイスのみですし、魔神・伝説任務以外のイベントや世界任務は見れませんし

でも原神はコンテンツが多いので複数アカウントは結構辛いですね・・・
サブの方は本編を進めることを優先して探索はほとんどしてないのですが、それだと成長が追いつかず、雑魚戦ですら苦戦中です
ボスを倒したり秘境に行ったりしてないので、上限突破ができず、素材を取りに行こうにもボスを倒せないという・・・
マルチプレイできるんだからと、メインアカでサブアカのワールドに入ってボスを倒すというズルいことをはじめました
マルチになると 2 キャラしか使えなくなるのが不便ですけど

この方法を使えば、メインで世界ランクを上げても、サブのワールドに入れば弱い相手と戦えて素材が入手できますし、デイリーもサブのワールドで行なえます
世界ランクを上げても倒せる雑魚を自分のワールドで倒してレア度の高いアイテムを入手したり、冒険者ランクで解放される機能を使えるようにしたりいいとこ取りができそうです
・・・と少し思いましたが、ストーリー進行などソロでやらざるを得ないところは高難易度の自分のワールドでやるしかないのでやっぱりやめました

そろそろサブの方も第 4 幕までくるので、逆バージョンも見れそうです
主人公を両方を見てる今のところは、空とパイモンよりも蛍とパイモンのほうがしっくりきます

稲妻

とうとう稲妻です
船で連れて行ってくれるらしく北斗を訪ねます
北斗は船での世界任務を終わらせてたのでなんとなく知ってました
北斗以外にも新キャラがいました

万葉

「ござる」の人、万葉さん
見た目の割に実はすごく強そうって雰囲気を感じます
名前は・・・「まんよう」?
もう少しかっこよく「ばんよう」?
とか思っていたらなんと「かずは」
え、そんなかわいい名前なのか

イベントシーンが混ざった

プロローグも終わり、稲妻に行こうとしましたが、ちょうど海灯祭イベントでも北斗を訪ねるという任務がありました
その状態でとりあえず北斗に会いに行ったら・・・イベントシーンが混ざりました

稲妻に行くムービーの間に、海灯祭イベントのムービーが挟まります
しかも、稲妻に行くムービーの最中に海灯祭イベントの会話が裏で始まっていて、メッセージウィンドウが下に出てきます
映像と合っていません
万葉がいたり辛炎がいたりでよくわからないままに稲妻に到着しました・・・

本来はどういうものか分からず、サブアカの方でここまで来るにはまだ時間がかかりそうだったので適当に Youtube で見つけた実況動画見てみると、思ったより短くあっさりしてました
辛炎は出てこず、ムービー中のメッセージウィンドウはそもそもないんですね

離島脱出

稲妻に着くと、トーマという人が迎えてくれました
一見いい人ぽいんだけど、璃月ではタルタリアに騙されたし、なんかタルタリアとかぶるところが多いから信用できません

稲妻は鎖国してるだけあって、稲妻までついても最初の島から出してもらえずストーリーを進める必要があります
稲妻は多くの島に分かれてるそうですが、すべての島ごとに制限があるのでしょうか、オープンワールドなのに行ける場所が制限されてるなんて・・・
稲妻は日本をベースにしてるし、オープンワールドじゃない JRPG を皮肉ってるのかな?
とか思ってましたが、離島脱出まで行くと、あとは自由にどこでも行けるようになりました

手紙を届けてね!ってお願いされて離島から出してもらったのに、その任務を完全に無視して他の島に行ってます
ストーリーを放置で一通りの天神像を回って、軽くは一通り探索してきました

「離島脱出」というのは稲妻に来る前からイベントの解放条件か何かで目にしていて、もっと大きなイベントだと思ってたのですが、すごくあっさりしてました
想像してたのは、稲妻行きの途中で嵐で船がやられて旅人が無人島に漂流して、そこでサバイバル生活
島の謎を解いたりして船を入手するか、自力でいかだとかを作って脱出できる、みたいな 1 幕分くらいのストーリー
だけど現実は普通に人が暮らしてる島で、何事もなく到着して、領主さんが旅人を外に出したくないと考えてたけど、その娘のお願いを聞く代わりにこっそり出してもらうという話
離島と言っても砂浜がつながっていて歩いていけます

フィールド

一応あちこち探索しましたが、稲妻は期待してたほどいいところじゃなさそうです
まず基本的に雨が多く暗いです
雷のせいでピカピカ光って目に優しくないです
ギミックも変に複雑で、楽しさよりめんどくささが勝ります
地下など隠された場所があって、璃月とはまた違う高低差で複雑なんですよね

街でモンドや璃月に帰りたいって言ってる人を見かけますが同じ気持ちになりました・・・
モンドや璃月の方がシンプルに探索を楽しめて好きです
戻ると帰って来たという気持ちになって落ち着けます
実際のところ、デイリークエストはモンドか璃月なので、デイリークエストのままモンドや璃月を探索していて稲妻はそこまで積極的に探索してなかったりします

稲妻は敵も強くなっています
レベル帯は世界ランクがあるので同じですが、ヒルチャールやスライムみたいな雑魚が減って妙に強い侍が多いです
また、ファデュイの魔術師っぽいのが同時に 2 人出たりと戦闘難易度は上がってます
でも、よく雨が降っていて敵に水元素が付いてるので雷元素で感電させれば簡単に倒せます
稲妻というだけあって、雷元素が優遇されてますね

フィールドは島ごとに雰囲気が違ってますが、和風ですし上の方の真ん中あたりの島はゴーストオブツシマを意識してそうな気がしました
悪くはないけど、求めてる和風感とはちょっと違う

島が離れてるので、ワープを解放するまでは船での移動が多いです
船での移動は長く面倒ですが、日の出、日の入りがあると綺麗でついスクショを撮ろうかなと思うほど

冒険者ランク

稲妻まで来ましたが、冒険者ランクはまだ 35 です
璃月の第 3 幕で要求されるランクが 25 を超えたので仕方なく解放しました

経験値をずっと溜めてたので、解放直後に 35 になって、まだ少し余ってました
その後はずっと溜めたままで、超過分が 10 万を超えてました
10 万を超えたくらいからもう気にしなくなったので、もしかするともう 20 万くらいあるかも?

冒険者ランクの上限解放で世界ランクも上がります
上げるとやっぱり敵が強くなるのが面倒なんですよね
解放されたレベル上限まで上げても 25 での上限のときより敵が強く感じます
元素反応の過負荷・感電頼りですぐに倒せてますが、これらを使えないと結構時間がかかります

成長素材の入手量はそこまで多くなく、ランクが上がるほどもらえる量が増えるので、ランクを上げようかなという気持ちに少しなることもありますが、上げると敵が強くなるんですよね
40 を超えると下げる機能が解放されるみたいですけど、それも 1 段階だけ
敵を楽に倒すために育ててるのに、敵を強くしては本末転倒です
なので、ストーリーやフィールドの解放に必要になるまでは 35 の予定です

いらないソシャゲ成分

これまではキャラが追加されたーとかいう話を聞いても特に欲しいキャラいないなーだったのですが、やっぱりストーリーをやると好きなキャラも出てきて欲しいキャラが出てきますね
そうなってくるととても残念なのがソシャゲ要素のガチャ
ゲームで最大のいらない要素ですよ

このゲームはガチャでキャラが加入するので、ストーリーの進行で基本的にキャラは増えません
キャラストーリーの伝説任務をクリアしたら加入でいいと思うのに
(今のところ基本続き物で、誰の伝説任務も完結してないみたいなので最終章まで行けばあるいは?)

ストーリー進行で加入するキャラだけだと、主人公を蛍にするとガイア以外はみんな女キャラです
改めて見ると、なんかガイアのハーレム状態になってます
欲しいキャラのピックアップもあったことだし、ある程度は原石も溜まってるしと、仕方なく引いてみました
・・・が、全くと言っていいほど出ません
確定分もいらない武器などです
せっかく貯めた原石をムダにしてる気しかしないです
ピックアップでも確定するには 180 回引く必要があるらしいので、 (160 x 180 =) 28800 個も原石が必要です
これまでの合計だってそんなにないし、原石集めのために毎日起動してデイリーを全部こなすなんて義務的にやり始めると一気に面白くなくなります

それにそこまでして当たったところでたった一人です
このゲームはキャラを切り替えながら戦う前提なので 1 キャラのアクションはそんなに多くないですし、そこまでする程には思えません
固定価格で 1 キャラ 1000 円なら買うキャラもいるかな程度です

ストレスの元になるガチャに頼ることはやめて、キャラはゲーム進行で加入するキャラのみにすることにしました
持ってなくても、定期的に入れ替わるお試しで軽く使ってみることはできますしね
でも、残念なことにお試しだと秘境みたいな広間で敵と戦うミッションをこなすだけ
広間で戦う秘境は原神では楽しくない部分なので、必要無い限り行かないのに・・・
アクションや性能確認ならこれでいいんでしょうけど、フィールドで使いたいんですよね

ストーリー中にときどき 5 キャラ目としてパーティ加入するやつが普段からフィールドであればいいんですけどね
旅人のいる地域やゲーム中時間帯に応じてランダムで誰かが加入してくれるみたいなの
ガチャで加入して、ジン団長や鍾離先生やタルタリアがずっと一緒にいるというのもおかしな状態だし、この方が自然でいいと思うけど

原石

ガチャに使わないとすると原石が余ります
普段お店のポイントも期限がなければ使わず貯めたままにするタイプなので、別にいいといえばいいのですが、もったいない気もするので使いみちを調べました

ガチャ以外だと、樹脂の補充、紀行に使えるそうです

紀行はモラや育成アイテムが貰えますが、微々たるものです
後半に行けばもらえる量も増えますが、毎日のようにログインしてデイリーやウィークリーミッションをこなさないと半分も行かないことも多いです
Lv30 まで行けば武器が選べるとか書いてたので、以前は期待していたのですが、よく読むと有料版のみで無料版だとアイテムのみでした

ガチャに払うお金はないですが、報酬が確定しているものなら有料でもアリなので見てみました
武器以外にも各レベルでもらえるアイテムが増えて 1200 円
原石を使うなら Lv30 まで上げれて、武器は確定でもらえそうです
ですが、アイテム類は無いよりあったほうがいいけどリアルマネーを出すほどのものではなく、メイン報酬の武器も 1200 円だけの価値があるかというとそうでもないです
もらえるのは 1 つなので精錬でスキル効果を上げられませんし
となれば、原石を紀行に使うのはもったいないです

樹脂補充は、原石 50 消費で樹脂 60 回復です
ですが、 2 回目は 100 消費で 60 回復となり、必要消費量が増えていきます
1 日に 2 回使うと損になり、ここでも毎日起動しろよ感を出してきてます

デイリークエストをクリアすると原石が 60 集まるので、 50 だけ消費すると 1 日あたり 10 ずつ増えていきます
10 日に 1 回、 2 回目の樹脂補充できるペースです
効率重視ならそれでいいかもしれません
でも、私の場合はそもそも起動してる日に毎日樹脂を使い切ってるかと言うと、そうでもないことが多いです

樹脂を介さず直接ショップで何かを買うのに使えるといいんですけどね

イベント

ちょうど今やってる(たぶん記事を書き終わる頃には終わろうとしてるか終わってる)のが海灯祭イベント
私にとっては初めての大きめなイベントです
これまではストーリーを進めてないことや冒険者ランクを上げてなかったことであまりイベント系はできてませんでした

やったのは小さめなものが多く、例えばちょっと前のかくれんぼ
こういうキャラの強さが影響しないマルチプレイはいいですね

その前には錬金術師の人がアイテムを作るとかで、お試しキャラを使って秘境で戦えるやつ
1 層目はお試しキャラで倒せるけど、そこでお試しキャラを使うと次では使えなくて、自キャラが強くないとできることがほぼありません
やり込む人向けだったので、最低限のストーリーを見ただけでした

その前はアルベドのストーリーイベント
やってるときは伝説任務の続きだと思っていたのに伝説任務ではなかったです
世界任務でも多いですが、最後がすっきりとせず謎が残るタイプの話でした

これ以前のイベントは特にやった覚えがありません
なので今回が初めての大きなイベントでした
専用の少し長めのストーリーがあって、他にもミニゲームやボス戦もあって楽しめました

華々しき流年

稲妻に行っては、璃月はよかったなぁとか思っていた頃だったので、さらに璃月の良さを味わえました
璃月はモンド以上にキャラ的にも好きなキャラが多かったので、その人達がみんな登場してくれるストーリーはとても良かったです
ムービーが一度しか見れないのが残念で、サブアカでも進めないとと頑張ってるところです

今回のストーリーのメインキャラは刻晴なので、刻晴の伝説任務みたいな感じになってます
海灯祭を任された刻晴の手伝いをして、仙人たちに贈り物を届けに行きます

genshin-event-kaitosai-01

ここで仙人たちに出会って、後半は海灯祭のための花火が盗まれて軽策荘に調べに行くことに
そういえば、軽策荘ってストーリー中だと行くことがなかったですね
あそこの BGM を聞くと Key の音楽を思い出します

軽策荘以外にドラゴンスパインの西の廃村も行かなかったと思いますし、本編で行かないところはけっこうありますね
鍵を使って解放する伝説任務はまだ冒険者ランク不足で全然解放してないですが、これで行くことになるのでしょうか

花火の問題が解決すると、璃月港に戻ってきてエンディング

genshin-event-kaitosai-02

ムービー中には璃月キャラがたぶん全員映っています
間にちょっと気になるお墓みたいな石碑みたいのが出てきたと思うのですが、あれってなんだったんでしょう・・・?
岩王帝君のお墓??
鍾離が生きてるわけですし、あえてムービー中に入れるものでしょうか・・・
それにとても小さなものでしたし、岩王帝君のお墓としてはあれでいいのか感があります
場所は琥珀が取れる山の麓の大きな木だったと思うのですが、あそこでなにかあった覚えはないですし・・・
過去のイベント任務で何かあったのですかねー・・・

溟海戦守

水龍とのイベントボス戦
名前は跋掣というらしいけどなんて読むんだこれ

戦ってると同士討ちしてる面白いシーンが見れたので動画を保存
体力残したまま放置してるとよくあることかもしれないけど



もちろんダメージは入ってない

おまけ

両手剣キャラは初回ガチャ特典で確定でもらえるノエルが一応いるけどほぼ使ってないし、鉱石のためにキャラ交代は面倒なので、鉱石を壊すときは片手剣で落下攻撃をしてます
2, 3 回で壊れるのですが、ごく稀に間に引っかかって空中にいる状態のままになります



スティックを動かすとズレて地面に着地できるときもありますが、完全に動けず壊れるまで待つしかないことも・・・

ストーリーがんばる

現状、璃月に比べそこまで期待できてない稲妻ですが、ストーリーを始めれば面白くなると願ってそろそろ進めようと思います